アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「健康」のブログ記事

みんなの「健康」ブログ


放射能より黄砂 PM2・5が怖い 大気汚染やカビが付着の超微粒子が気管支に侵入

2017/04/18 08:35

画像


きょうは窓を開けたくない。

黄砂、pm2・5の飛散が多いとの予報。


pm2・5 は超超超微粒子で肺まで入って気管支に付着する。

アレルギーの人、喘息の人は悪化する。

健康な者も肺にそんなものを入れたらたぶん、

肺炎のリスクが高まるはず。

肺炎になったことがあるので、

それは嫌だ。

放射能の低線量被爆よりこちらの方が怖い。



黄砂は西日本の方が高い。



原発事故のとき、頼まれて中学生に同行し、

大阪へ避難させた。

羽田へ行くと空港は放射能避難する母子たちで溢れ、

空席はなかった。

東京駅へ戻り、新幹線下りに乗車。


大阪に1週間ほど避難している間、

半信半疑で不動産会社を見て回り、

自主避難を考えた。

四国へ行こうかとも考える。

ワンルーム購入とか家賃とかが頭を過る。


それで自分の人生はどうなる。

東京へ行き来する運賃はどうする。

せっかくのいなか暮らしをどうする。

親と別居することになる中学生の人生はどうなる。


梅田を歩き回り、阪神阪急大丸などで遊びながら、

しかし一週間ぐらいで線量は減じるだろうと正常性バイヤスに

なり、避難生活は止めた。


交通費、家賃、二重生活費をざっと計算し、

生活費は家賃10万、新幹線10万、生活費10万で30万円増に。

1年の避難で300万円。

3年で1千万円。


いや若ければ、いっそ移住で新生活も考える。

東京も横浜も栃木の暮し、活動を変えるなど。

海外移住も?


しかしばからしくなってきた。

東京の人口、栃木の県民人口、横浜市民がいま現在、

そこに暮らしているではないか。

友達は福島で暮らしているではないか。


中学生を連れて横浜の自宅に戻る。

沖縄へ避難した幼児連れの家族は戻っていない。

栃木の別宅で友人たちとの活動を再開する。


それがいま、九州、西日本が黄砂で危険になっている。

なんと皮肉なこと。

もし大阪に放射能避難していたら、

今度はpm2・5から避難して、横浜へ帰ってきたことだろう。

そのときの悔しさを想像する。





















記事へトラックバック / コメント


60年前に日本で発見された抗生物質

2010/10/26 15:04
画像
 多剤耐性菌に効く抗生物質(コリスチン)があった。
60年前に福島県内で採取された土壌細菌から発見され、
過剰投与による副作用が心配されて90年代に製造終了となったもの。
それを復活させるという。
すでにコリスチンを独自輸入する医療機関が増えているとか。

絶体絶命の地球危機かと思ったけど、あったのね。
子を育てる世代にはまさに朗報なり。

*写真は友人の結婚披露宴での花嫁のお手前。

記事へトラックバック / コメント


道の駅の毒きのこ販売

2010/10/04 07:45
別宅の近所にある道の駅は年中、にぎわっている。
農産物の直販所とレストラン、土産物店が営業し、
広い駐車場には外トイレや休憩所もあり、
隣はセブンイレブンとガストで、駐車料は無料。
もろもろ便利な道の駅とあって車で泊まる人も多い。

各地の道の駅に倣って私営直販所を建てる農家組合もある。
こちらは売上げの数パーセントを農協に納めるそうだ。

直販はネットでも人気で、
イオンなど大型スーパーは契約農家との独自ルートを持ち、
卸し売り市場一辺倒だったかつての流通ルートは崩れている。

道の駅の組合に契約料を払って商品を置く登録農家は、
個人名と住所、電話番号を記したシールを貼り、商品への責任を示す。
野菜、果物はもちろん、ごはん類に餅、ジャムなどの加工品から、めぐすりの木や枕
お手玉など、農家の人が手がける物ならなんでも置けるようだ。

ブルーベリーを並べる生産者を見かけた。
直販所では一括仕入れはないようで、
個人が直接、店舗の棚に出すシステムに見える。
いちいちの品質検査所があるのかないのか知らないが、
組合で言い交わしたルールに従っているのだろう。

ピーマン1袋でも売れるこのシステムは、
畑1枚の農業人でも参加できる楽しさがある。

ただ、以前から一つ、不安を持っていた。
見かける畑の野菜は立派で美しく、
虫除けシートで覆っても虫食い穴のできる自分の菜園に比し、
感心するが、農薬なくしてああはならないと道端で思う。

それに、ほんとうに自分の畑で作った野菜かどうか?
ある人が言った。
「〜さんは以前は作っていたけど、いまは作ってないよ」
県外からもやってくる激安店で買った野菜を道の駅に出しているというのだ。
真実はわからないが、ありうる話にも聞こえる。
激安店には仕入れ業者もきている。

昨年だったか、どこかの道の駅で売られたニラがニラではなく、
毒草かなにかだったとニュースに出た。
今回は毒きのこ。

田舎暮らししてみると、
判別しにくい、よく似た植物がたくさんあることがわかる。
たとえば自生するイチゴといっしょにイチゴに似た草が寄り添っている。
赤紫蘇にそっくりの草も混じる。
嗅いでみなければハーブか草かもわからない。

立て札を無視して私有地に入ってくるキノコ採りの人たちがいる。
タマゴ茸や乳茸などは高く売れるそうだ。
キノコはゼッタイ採りませんというわたしに、
美味しいのにもったいないと皆さんおっしゃる。

何度教えられても、どんなに見かけてもわたしは採らない。
そう決めている。

なぜかといえば、なにもかもがあまりに似ているからだ。
本の写真を見たくらいではわからない。
実物を並べても断定できない。

フレンチで調理されるモーリオは高価と聞く。
あまりにそっくりなので似たキノコを採って乾燥させ、
レストランで仏輸入品をもらい、並べて見た。
95パーセントは本物と思えるが、5パーセントの不安が残る。

本物か偽者かの骨董の世界は金銭の損得で済むが、
口に入れる野菜や食品は、命にかかわる。
中国では、赤ちゃんが飲むミルクに不安があって日本のミルクを買う親がいる。
毒餃子、農薬まみれの冷凍ほうれん草問題にかぎらず、
食品への不信は絶えない。

地元野菜を売る道の駅への信頼は、
出回る食品への不安が背景にある。
その道の駅にも課題は生まれる。

品質低下で倒産しかねない大手スーパーの品質チェックをおおむね信頼するが、
直販への不安はある。
激安店で仕入れた中国野菜を、
〜県産直送とうたって都会で路上売りする業者もいる。






















































記事へトラックバック / コメント


愛子さまの車列とすれ違い、

2010/09/02 16:52
画像
昨日、午後4時ごろ、
那須から東京へ戻られる愛子さまの車列とすれちがった。
2週間ほどの滞在だったそうで、
今夏は那須地方も暑いが、東京よりは涼しいので、
雅子妃ともども静養になったのではないかと、喜ばしく思う。
なぜならお二人ともご病気のようで、
これは雅子妃、愛子さまにかぎらず、
誰だっていっそうの静養が必要だからである。

けさも女性週刊誌の新聞広告が目に入った。
いつものことだが、雅子妃が目にしたら不快になるタイトルである。
編集人は雅子妃の、人の「病い」の快方を望んでいないのか、悪化させたいのか。
誰かの差し金かとも勘ぐってしまう。

芸能人や政治家であってもメディアは、
「報道の自由」を隠れ蓑に、
人の心を傷つけてはいけない。
病の快復を願うのが人間の心であり、
心に従う行動をするのが社会人のマナーである。







視聴率の戦士?テレビクリエイター列伝
ぴあ
伊藤 愛子

ユーザレビュー:
“戦士”であるという ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 視聴率の戦士?テレビクリエイター列伝 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へトラックバック / コメント


新議員会館のシックハウス

2010/08/04 16:18
参院予算委員会で民主党桜井議員が、
新議員会館のシックハウスについて述べているとき、
ちょうど私は、不快な気分でテレビの音を聞いていた。
今夏、二度目のエアコンをつけた。
そのせいだろう。

シックハウスではない。
窓を閉めた密閉感からだ。

昼ごろ、室内温度が28度になった。
ネットニュースに所ジョージ氏が熱中症、と出たことだし、とエアコンをつけた。
小窓や、引戸2枚は開けたまま、扇風機では風をつくった。

それでも空気に不快感があるのは、
いつもは開けっ放しだからにちがいない。

8つの小窓は、
夜も開けたまま寝る。
その他は午前4時にはすべての窓を開ける。
そういうところですごしていると、
窓を閉めた家が酸欠金魚の水槽のように感じられる。


















記事へトラックバック / コメント


雪を惜しむ季節

2010/02/21 09:20
午前6時にはもう明るく、日の出が早くなった。
庭の芝生にも緑が。
躑躅、桜の新芽も伸びていよいよ冬の終わり。
無花果の芽を食べにきた猿も、餌取りが楽になるだろう。
北国では雪下ろしだけでもたいへんだが、
雪を惜しむ気持がわく。
冬じゅう通った温泉の、露天風呂に降る雪もよかった。
昨日、近所の家の縁側から見たちらつく雪は格別だった。
画像


表参道を歩いているとき、冷気を鋭く感じた。
山荘の庭より寒い。
樹木や土がほとんどないからだろう。

コンクリートや金属のように硬いものは冷たい。
寒い、暑いの快、不快は温度差だけではないから、
人の周辺は温度の質を高めるべきである。
横浜の自宅のある町は、
そういう目的でつくられたレンガで舗装されている。
夏ならその舗道に入ると膝がひやっと感じる。

福祉予算が増大するので、公共事業が悪者になっていく。
道路、箱物が公共事業という考え方があるからだ。
環境=CO2削減、と同じである。
環境は人が暮らす器。
政府は器の快適をめざそう。
たとえば地方の車用道路は立派だが、歩ける歩道がほとんどない。
したがって自転車にも乗れない。
鉄道駅前は送迎車で埋まる(CO2増大)、
という具合。
政府の発想は貧しい。
もっと公共事業を。






















記事へトラックバック / コメント


午前3時にホット梅酒

2007/11/29 05:04
昨夜は早寝(11時)で、3時に目覚めた。
即座にベッドを出るのが私流。
ガウンを羽織ってキッチンへ。
まずうがいして緑茶を1杯。
もう一杯。

*会社勤務のころ缶ポカリを飲んでいて同僚に言われた。
「よく朝から冷たいもの飲めるね」

水分補給の次は糖分補給でサクマのドロップを一粒。
(チョコレートのときも)
ついでに梅酒をお湯割りホットで。

つくった梅酒は3年以上おく。
口にするのは5年、6年もの。

湯呑み一杯のホット梅酒で胃の辺りがあったかい。
*お薦め、梅酒の効用
 おなかの調子が悪いとき(ストレートで盃半分程度)。
 暑さ負けに(シャワーのあとに水割りかロックで)
 風邪気味なとき(ストレートかお湯割りで)
 風邪予防に思いついたら盃半杯。


記事へトラックバック / コメント


4月の日の出は

2007/04/11 09:55
画像

5時には窓は明るく、やがて日の出。
その朝日に惹かれて朝風呂。

初日の出はOさん宅の背後だったが、
冬の間よりも太陽は左に寄り、
Iさん宅の上に昇るようになった。

6時半を過ぎてすでに太陽は白っぽい。
あと30分早く入ればよかった。
(PCに向かっていて遅れた)
「気持い〜い」

夜更かし人間ながら、むかしから朝日が好きだった。
遅寝早起き。
通勤電車では「この朝日を見るために会社へ行くのかもしれない」と思ったほど。
(*数日前、電車から、多摩川に跳ねる鮎を見た。今朝の朝日・朝刊に写真が出ている)

朝風呂で日の出を見るために、
田舎暮らしするのかもしれない。










記事へトラックバック / コメント


くすり110番

2007/02/14 17:10
一昨日から喉が痛い。
ホームドクター・荻原医院で貰って常備している嗽薬でうがいする。

嗽薬は二種類ある。
インフルエンザ流行期に帰宅したときは、茶色。
喉が痛いときは青。

田舎暮らしのときは空気がよいので、うがいは必要ない。
風邪のことも忘れている。

昨日は喉の痛みもすっかり治まり、忘れて働いた。
だがきょう、また、いがらっぽい。
乾燥してたまに咳も出る。

飲み残しの薬を出してみる。
信頼する荻原先生の薬でなければ、口に入れたくないのだ。

錠剤にはシールが貼られている。
「去痰剤」とか「炎症止め」とか。

タフで病気をしない私が医院にいくのは、風邪しかない。
昨年は風邪もひかなかったので、薬袋の日付は一昨年である。

外出仕事がつづくので、「咳止め」を飲んでおこう。
しかしシールがない。
記憶では「シーサール」のはずだが。
シール付きを飲んでしまったらしい。

ネットで検索する。
「くすり110番」
シーサールはやはり咳き止め。
塩化リゾチームは炎症止め。

安心して「炎症止め」を飲む。


記事へトラックバック / コメント


トップへ | みんなの「健康」ブログ

リセンス学級会
ラジオ日本
アメトーーク、
ロンドンハーツ

加地慶子 健康のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる