加地慶子

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も20年越えの駒田信二先生墓参、緑多き富士霊園へ

<<   作成日時 : 2017/06/14 03:57  

トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像


6月12日(月) は雨なく、暑くなく寒くなし、風もなしの曇り日。
駒田信二先生死去以来の「まくた会」墓参旅行で富士霊園へ。
命日は12月27日、先生80歳。

初めの数年間は命日に、東武東上線森林公園の昭和浄苑へ皆で出かけた。
そのうち桜の季節に日を替え、花散るなかの墓参になった。

富士霊園へ移されてからは残雪の富士山が見られた。
4月第3金曜と決めていたので年の気候で桜は変わる。
花満開のとき、葉桜、桜吹雪と異なる。

JR御殿場線駿河小山駅11時04分着で霊園バスに乗車。
20分で会館前に着く。
会館で花を買い、徒歩ならゆっくり10分ほどの散策で15区へ。
園内バス停は「こでまり」

無宗教の先生だから線香はあげない。
墓石を洗い、花を供えてそれぞれの思いを思う。

帰路は箱根や山中湖、近年は熱海に1泊。

昨日の熱海は月曜というのに賑わっていた。
路地裏のKAFEKICHIで談笑、アヲキで土産の干物を買い、
別れがたく、駅ビルの間瀬で豆寒などを食べてお喋りした。
40年の友はきょうだいに似て。

「ふりかえる景色はあまりに遠い」
は中島みゆきの「やすらぎの郷」(脚本 倉本聰)主題歌。





三田文學
ミセス03.2
ミセス03.3
ミセス03.7
ミセス03.9
ミセス03.10
三田文學バック目次
三田文學バック
三田文學バック
ミセス03.2
ミセス03.3
ミセス03.7
ミセス03.9
ミセス03.10

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リセンス学級会
ラジオ日本
アメトーーク、
ロンドンハーツ

今年も20年越えの駒田信二先生墓参、緑多き富士霊園へ 加地慶子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる